月経について

月経について正しく知り、適切な対処をしよう!

月経に関する不調を訴える女性は多く、働く女性にとっても一番の課題です。月経前や月経中の体の不調には、病気が潜んでいる可能性があります。痛みが強くてつらかったら、 生理痛(月経痛)は当たり前と思わず、正常な月経について知り、少しでも 異常かも?と感じたら、早めに婦人科・産婦人科を受診しましょう。

1.生理痛(月経痛)、生理前生理中の不調は、当たりまえと思っていませんか?

個人差はありますが、初潮の平均年齢は 12歳、閉経は、50歳。 なんと38年間も生理(月経)とおつきあいするわけです。平均周期で数えれば、一生で、450回~500回ぐらい生理(月経)が あることになります。 痛みや不調をがまんしないで、もっと自分を大切にしましょう。 何らかの不調を抱えている人は、20代で80%以上、 30代で70%以上もいます。
※1〈※1出典:内閣府男女共同参画局「男女の健康意識に関する調査」(平成30年)より〉
まずは、自分の生理(月経)と向き合ってみましょう! 

2.あなたの生理(月経)は正常でしょうか?月経について正しく知りましょう!!

正常な月経

正常な月経は
周期 25日~38日
出血期間 3日~7日
経血量 20~140ml(個人差有)
月経女子

経血量は、多くても1日30ml以内ぐらいです。30mlは大さじ2杯程度になります。最近の生理用品では、ナプキンやタンポンに加え、 月経カップもあります。月経カップでは、経血量も測定できますが、さまざまなタイプの生理用品がありますので、ご自身にあった生理用品を選んで、快適に過ごせるといいですね。

月経(出血状態)の異常

周期 月経不順 月経周期が不規則で次の月経の予測がつかない
頻発月経 月経周期が24日以内
稀発月経 月経周期が39日以上
無月経 3か月以上月経のない状態
出血期間 過長月経 1回の月経が8日以上続く
過短月経 1回の月経が2日以内で終わる
経血量 過少月経 経血の量が非常に少ない
過多月経 経血の量が非常に多い
不正出血 月経時期以外の出血

3.もしかしたら病気かもしれません。

月経痛や月経異常は、もしかしたら、病気が潜んでいるかもしれません。月経に伴う疾患や、子宮・卵巣の主な病気には、次のようなものがあります。

月経に伴う疾患

月経困難症:月経痛(腹痛、腰痛等)が強く、日常生活に支障をきたすもの。 子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因の場合もあります。

月経前症候群(PMS):月経開始3~10日前から始まるさまざまな心身の不快症状で、 月経が始まると症状が軽快、消失します。 排卵後の女性ホルモンの状態に対して、体が大きく反応するために起こると考えられています。症状の悪化には、ストレスも影響しているようです。


〇ヘルスラボの月経トラブル
詳しくはこちら ヘルスケアラボ「みんな悩んでる月経のトラブル」


〇生理痛・PMSチェックのセルフチェック
詳しくはこちら ヘルスケアラボ「生理痛」


子宮・卵巣の主な病気

子宮筋腫:子宮の壁(筋層)にできる良性の腫瘍で、悪性化はまれです。 症状は、過多月経、不正出血、貧血、頻尿、腰痛等。不妊の原因になることがあります。


子宮内膜症:子宮内膜に似た組織が子宮内腔(ないくう)以外の場所にできて、増殖、剥離を繰り返します。20代~40代の女性に多く、閉経すると症状はほぼなくなります。 症状は、強い月経痛、骨盤痛、性交痛、排便痛等。不妊の原因になることがあります。


卵巣のう腫:卵巣の中に液状の成分がたまってはれたものです。多くは良性です。症状は、一般的には、初期には自覚症状がありません。大きくなってきますと下腹の張り、 下腹部痛等があります。大きくなった卵巣がねじれを起こしますと、激しい腹痛が起きます。

4.婦人科・産婦人科の受診について

調査によると、月経に関する異常症状やPMS(月経前症候群)がある場合でも「何もしていない」人が最も多いです。婦人科の受診に抵抗がある方も多いかもしれません。 しかし、月経の痛みや、不調を緩和できる薬の服用の相談、子宮や卵巣の病気の早期発見のためにも、早めの婦人科・産婦人科の受診をお勧めします。鎮痛剤のみでなく、低用量ホルモン剤(ピル)の服用や、漢方治療などもありますので、 医師に相談しましょう。




〈出典:「働く女性の健康増進調査2018」特定非営利活動法人日本医療政策機構〉


5.職場のサポート

女性従業員の月経に関する不調が、働く場面でどう影響しているのかを知り、サポート体制を整えることが必要です。そのためにも、男性管理職のみならず、男性従業員にも 女性特有の健康課題を学ぶ研修を開催しましょう。


症状 女性のこころのうち 職場のサポート
生理中、経血の量が多い 長時間の会議や打ち合わせのときは、生理
用品を交換するタイミングがなく、服や
椅子が汚れてしまうのではないかと心配
会議、打ち合わせ時は、適宜休憩を入れる
ようにしましょう
月経痛が強くて、痛み止めを飲んで
も、腹痛や腰痛がつらい
他の女性は休んでいないので、自分だけ
生理休暇は、取りづらい
痛みがひどいときに少し休憩できるスペー
スを設置しましょう。
生理休暇を取りやすい環境をつくりましょう
月経前は、イライラして職場の同僚
にあたってしまう。
体がだるい。眠くて集中できない。
ミスが多くなってしまい、落ち込んだり、
重要な仕事の日に重なったらどうしよう
と思う