取り組みのポイント

女性の健康支援のための職場の取り組みについて、主なポイントです。推進する際の参考にしてください。  

ポイント1 ヘルスリテラシー向上の取組

・女性特有の健康課題や女性に多い症状に関する研修会の開催(従業員)

・健康課題に関する啓発冊子の配布

・社内ポータルサイト等での健康情報掲載

・オンラインを利用したワークショップ、動画の配信 他

ポイント2 健康に配慮した職場環境の整備

・不調時に横になれる休憩スペースの設置

・冷え性に対処した環境整備 他

ポイント3 婦人科検診率向上のための取組

・乳がん検診、子宮けいがん検診受診料の補助

・勤務時間内に検診ができる仕組み

・検診受診の重要性(早期発見・早期治療の重要性)に関する啓発 他

ポイント4 女性の健康課題を相談しやすい体制づくり組

・女性特有の不調について相談できる女性の産業医、カウンセラーの配置

・対応可能な体制構築(産業医や婦人科医の配置や外部の医師の紹介)

・社内プロジェクトメンバーによる女性相談員の育成

・女性限定のチャットルーム等の設置、気軽に相談できる場を提供 他

ポイント5 妊娠・出産等に関わる制度・支援の充実

・妊婦健診など母性健康管理のための制度・サポートの周知徹底

・不妊治療との両立支援 (通院時間の確保等)

ポイント6 ハラスメントのない職場環境づくり

・セクシュアルハラスメント、マタニティハラスメント、パワーハラスメント防止に向けた方針の周知徹底

・法律に定められた措置に基づいた職場づくり 

ポイント7 休暇制度の充実・柔軟な働き方の実現

・生理休暇を取得しやすい環境の整備

・不調時の休養、治療・通院、検診と仕事を両立するために、休暇制度の整備や柔軟な働き方
 (フレックス、時差出勤、テレワークなど)の導入

・女性だけでなく管理職や男性も含めた職場全体の働き方改革 他

ポイント8 推進体制の整備

・推進計画の策定

・推進部署やプロジェクトチームの設置 他

ポイント9 認定、顕彰制度の活用

・認定、顕彰制度の活用 (「健康経営優良法人」等)



※「企業取組事例」も合わせてご参照ください。